煙草の臭いが染みつくのは考えもの

今は煙草を吸わない人の割合が増えていて愛煙家はメッキリ肩身の狭い思いをしており、煙草を吸える場所も徐々に少なくなっているんですね。まあ、喫煙ルームとかキッチリ分煙した喫煙席なんかがあればアリガタイと言うべきなんでしょうけど、愛車の中は心置きなく煙草が吸える数少ない場所だったりするものです。

ただ、その車を乗り潰すんなら良いですが、将来的に車買取に出すつもりなら車内に煙草の匂いが染みついてると言うのは考えものです。テンションが下がるようなことを言って恐縮ですが、レンタカーでも煙草の匂いが嫌だから禁煙車を用意してくれと言う客もいる程ですから、中古車で煙草の匂いが漂っているものを買おうとする人は少ないでしょう。

煙ですから車内の隅々にまで届いて窓のフチやエアコンの中にも入り込み、シートを外してみるとヤニが溜まっていたりします。その臭いを完全に取ることは難しいですが、車買取に出す前に見えるところのヤニを取ったりドアを全開にして風を通すようにします。