査定前の修理は必要か?

買って間もない車に目立つ擦り傷が付いてしまったような時は、そのままで数年乗り続けると塗装にジワジワと広がるダメージが恐いです。そういう時は迷わず修理に出して綺麗に直しておいた方が、後々車買取に出す場合に有利でしょう。傷を放置していると車の他の部分に対しても自然といい加減な扱いをするようになって、車の価値を全体的に下げかねません。

一方、そろそろ車を乗り換えようかと思っている時にドアにヘコミを作ってしまったといったケースではどうでしょう。一口に修理といっても板金修理が必要な場合は費用が意外にかかったりして、その割には車買取の査定額は大きく変わらなかったりするので、気になるようなら修理費が幾らかかるか見積もってから決めれば良いでしょう。

慌てて高い費用を払って修理しても、査定の際に見返りが大きくないとは屡々言われる事ですね。車を買い取る側としては何と言っても車を扱うプロなので、少々の傷なら買い取った後に自社ルートで低コストの修理が可能なのかもしれませんね。