オプションの価値はどう評価されるか

新車で車を買う場合、どんなオプションをどの程度付けるかによって価格や取得税がかなり違ってくるので悩みます。ただ、車買取に出す場合のことを考えたら、付いている方が快適で便利なオプションはチャンと評価されて買い取りの価格に反映されるので、オプションを付けて乗った方がトクかもしれません。

最も重要なのはメーカーオプションで、例えばサンルーフとか新車を注文する時に自動車のメーカーが付けて出荷するオプションなので後から付けることが出来ないのです。このメーカーオプションが豊富に付いていると中古車の購入者に喜ばれるケースが多いので、車買取の査定で有利になりやすいです。

カー用品店で後から自分で付け外し出来るオプションの場合も、あればその分評価されます。ディーラーオプションも有ったほうが走行に便利なものは寧ろ付いてないとマイナスかもしれません。ディーラーオプションやカー用品店で色々とカスタマイズしてある車の場合は、結局は買う人の好みと合致するかどうかなんでしょう。