海外で利用される中古車もある

車の走行距離が10万キロを越えてくると何かとメンテナンスが必要になってくるとはよく言われることですが、そういうかなり走った車とか、チョイ乗りを繰り返してあまり走ってないけれど新車登録してから10年とか経ってしまった車というのは、車買取のお店に持っていって果たして価値を認められるのか疑問だったりしますね。

多くの買い取り業者が請け合っていることですが、走行が可能な車なら基本的に買ってもらえるハズです。というのも、日本ではオンボロの草臥れた車と見られても海外に持っていけば充分に有り難がられるのです。特に日本製の車は、信頼性も高く実はかなりの耐用年数があるのでアジアやアフリカなどで人気が高いです。

海外では新車で登録してから10年経った車なんて未だ未だ現役と見なされますし、20年とか経って日本でならとっくに廃車の車が大活躍していると言われますね。車買取の業者でも、海外に持っていく中古車を手広く扱っているところもあり海外向けのルートが廃れることは無いんでしょう。